FC2ブログ

電子書籍を楽しもう!

電子書籍を中心にガジェットのレビューやそれにまつわる苦労話を徒然に書いていきます。

【はじめてのお客様はこちらからどうぞ】

「電子書籍を楽しもう!」トップページ- 【メニューリンク】もこちらのページへあります。

【自炊の記事】断面がB体になるのはイヤだ -プラスPK-513L 斜め裁断の対策-

【自炊の記事】断面がB体になるのはイヤだ -プラス PK-513Lのちょっと工夫した使用法 斜め裁断の対策-
できればきれいに・・・

のっけからなんですが、私のスーツはB体です。だけど、裁断した本の背表紙の断面が、B体のお腹のように斜めに傾くのはうれしくありません。(自分の体型がB体というのはいいのか?)
「どの道、本をバラしているのだから、そこまで気にしてどうする?」というご意見もあるでしょうが、やっぱりイヤですね。
大事な本をキズものにしていることは十も承知。しかし、どうせやるなら出来るだけきれいにまっすぐ裁断したい。これはわがままです。

※注意
ここから当分の間は文句や苦労話が続きますので、対策のみを知りたい人は「実験その1(ということは失敗)」まで読み飛ばしてください。

自炊の神器「プラス 断裁機 PK-513L」

自炊をするためには、基本として本をバラバラにしないと出来ません。糊を溶かしてバラすという方もおられますが、裁断機を使うことが近道でしょう。

そのとき使用する機器として「プラス 断裁機 PK-513L」が一番メジャーです。(現在はamazonでマイナーチェンジモデルがあります)
使用方法は大変簡単ですし、切れ味も抜群で切断面は惚れ惚れしてしまうほど綺麗です。力もそれ程要らず、女性であっても苦労はしないでしょう。

赤いライトの切断面ガイドがあり、そのガイドと手前にある垂直ゲージバーで揃えて、レバーを押し下げれば簡単に裁断ができます。

PK-513Lの弱点

もちろん私もこのPK-513Lを使用しているのですが、いくつかの問題(不満)点がありました。

1、赤いライトの切断面ガイドがあるが、あまり使えないし面倒。
 裁断ラインを光で挿してくれるのはいいんですが、それがいったい本のどの部分なのかが良く見えないため、鉛筆などであらかじめ印をつけたりします。この手間が結構かかります
 さらに本の厚みがギリギリのサイズの場合は、ガイドの光自体が見えません。

2、手前のゲージバーも片方支持のため、結構斜めになります。
 本の残したい幅を決めて、それにあわせてスライド式のゲージバーを合わせて本を置いて裁断するのですが、ゲージバーが片方支持(横の目盛りの付いたガイド1本にくっついているだけ)のため、本の上部と下部で1~2ミリ違いが出ることがあります。

3、そして冒頭に書いたように、断面が斜めになりまるで私のお腹のような断面になってしまうこと。
b_tai.jpg
(クリックすると、拡大画像が見られます)

結果、仕上がりに不満が残る上に、1冊裁断するのに時間も神経も余分に消耗します。

対策は無いのか

いろいろとネットで探したりして情報を集めました。
多かったのが、「しっかり押さえておく」ということと、「下と押さえバーにゴムを貼り付けて滑らないようにする」という対策。
押さえるというのは私もやってみました。でも限界がありますし、これ結構大変で、力も要るし作業に時間がかかるんです。
あとゴム板を台座と押さえバー(刃の手前のやつ)両方へゴム板を張るという解決策が結構出ています。
確かに、効果はありそうです。でも、これやると、ただでさえ裁断できる厚さがあまり無いのに、さらに薄くならないでしょうか?

自分なりに原因を分析してみる。ついでに解決策を練る

まず、「なぜ、斜めにずれるのか?」
単純な問題です。切断している間、本の背表紙は完全にフリーな状態なので、刃の無い方へ逃げてしまっているということです。

なので、刃が本を切断し始めてから切断し終えるまで、本の背が外側に逃げないように押さえておけばいいんじゃないでしょうか。
PK513_osae.jpg
(クリックすると、拡大画像が見られます)
そのために一番簡単な方法は、ずれない様に「押さえ板」を置くということでした。
この方法にはもうひとつ利点がありました。押さえ位置を固定すれば、背表紙から切断面の幅を固定することが出来、毎回切断位置を正確に測らなくてもいいのです。
正に一石二鳥。思いついた時は成功すること間違いなしと思い込み「俺って天才じゃね」と鼻高々でした。(バカ丸出し)

実験その1(ということは失敗)

さて実行。まず、百円ショップ(ダイソー)でMF板(30cmX10cmX1cm 2枚セット)とクランプを購入しました。
MF_2mai.jpg
購入したMF板(クリックすると、拡大画像が見られます)
大変幸運なことに、このサイズの板は加工することなくちょうど裁断ラインの直前に設置することができました。
位置を正しく出すために、まずは切断される本に見立てたゲージ板を作ります。MF板の1枚に端から2ミリの位置へラインを正確に引きました。
MK_line.jpg
MF板に引いた、端から2ミリのライン(クリックすると、拡大画像が見られます)
この幅が背表紙から切断面までの長さになります。色々な本を測り、2ミリが適当と判断しました。
(もちろんこれは個人的な考えです。もし実行される方はご自分が良いと思う幅を採用してください)
今度はこのラインを引いたMF板を本来本を置く場所へ置いて、光ガイドのラインが自分の引いた線に合うことを確認して、ゲージバーとテープなどで台に板を仮固定します。
guide_set.jpg
裁断位置を決めるためゲージ用のMF板を置いたところ(クリックすると、拡大画像が見られます)
その後、「押さえ板」本体となるもう一枚のMF板を、先ほど仮固定した板に並べるように置いて、クランプで台へ固定しました。(写真なしです)

さあいよいよ切断する本を設置します。ガイドも見ず、手前のゲージも全く使わず、ただ背表紙を「押さえ板」に押し付けただけで、裁断のレバーを引き下げました。

・・・・そして結果は。

う~~~ん。ちょっと問題が・・・
裁断はじめはスムーズだったものの、途中からレバーに抵抗があり、最後はかなり体重をかけないと裁断し切れませんでした。
これは、考えてみれば当然のことなのです。
裁断機の刃はかなり厚みがあります。よって、刃の断面は刃先から少しずつ厚みが増える(要は斜めになっている)ので、私の置いた「押さえ板」に切断した背表紙をグングン押し付けるような仕組みになったのです。
test1.jpg
失敗の図(クリックすると、拡大画像が見られます)
逆にこの力があの斜めの断面の原因と言うこともわかりました。
背表紙にはある程度の硬さがあるため、「押さえ板」の無いときは無論押し出されます。
既に切られている部分は背表紙と切り離されているため引っ張られることは無く、まだ切られていないページは刃が押し込まれるにつれて少しずつずれていき、最終的にあの醜い「B体」になるのでした。時々うまくいくのは、切断される背表紙が十分薄く、なおかつ柔軟性があってカールするようなときだと考えられます。(で、実際そうだと思います)

結果としては、断面はかなりまっすぐになったものの、「押さえ板」は初めのセット位置からはかなりずれており、毎回調整しなければならないというかなり「とほほ」な結果になりました。

実験その2 リベンジ

失敗してしまいました。このままでは実用には耐えません。しかし、斜めにならないということと、セットが簡単になるというメリットはかなり私を魅了しており、ここであきらめきれませんでした。
失敗の原因はわかっています。押し込まれることにより、クランプによって押さえられていた板が無理やりずらされてしまったのです。

この回避策として私が取った方法は、「押さえ板」の厚みを薄くするということです。「押さえ板」の役目は本の背表紙の一番底部がすべらせないことと、セット位置のガイドになることだったので、そんなに厚みは要りません。MF板は1cmの厚みがあったので、今度は2mmのアルミ板を試してみました。

結果は・・まだずれます。しかし、先ほどと比べかなり抵抗がなくなりました。
大分目処が立ってきました。

ついに納得が出来る結果に

今度はさらに薄い1mmのアルミ板です。
alm_zen.jpg
使用したアルミ板(クリックすると、拡大画像が見られます)
これでだめならあきらめる覚悟で臨みました。
今度はもう一工夫して、アルミ板と台の間にテープのりを貼ってみました(薄い両面テープでもいいかも)これにより、よりずれを防ぐ狙いです。
そして「押さえ板」となるアルミ板をクランプで固定しました。位置もばっちりです。
(ここで、裁断機本体の持ち手にはまっているゴムを外すと、クランプがちょうどはまるサイズになります)
alm_clamp.jpgclamp_naname.jpgalm_set.jpg
左から「クランプの取り付け位置」「アルミ板の取り付けられた様子」「切断側から見たアルミ板」(クリックすると、拡大画像が見られます)

準備は整いました。本をセットし、レバーを引き下ろしました。

結果はご覧の通りです。
bunko_OK.jpg
文庫成功の図(クリックすると、拡大画像が見られます)
sinsho_OK.jpg
新書成功の図(クリックすると、拡大画像が見られます)
この新書は厚みがあるため、あらかじめ真ん中あたりのページで分断し2度に分けて裁断しています。

レバーの抵抗も殆どありませんでした。「押さえ板」のずれもほぼ無く、何十回か裁断したらゲージ板を当ててずれの程度を確認し、問題がありそうだったら修正する。
やっと、納得できる結果となりました。

以下に最終的に使用した材料です。
・アルミ板 30cmX10cmX1ミリ厚(ホームセンターで260円で購入)
 alm_kaku.jpg
 (クリックすると、拡大画像が見られます)
・MF板 30cmX10cmX1センチ厚 2枚セット(ダイソーで購入 105円)
・クランプ 25mmサイズ 2個セット(ダイソーで購入 105円)
・テープのりもしくは両面テープ(家にあったもの)
大変安上がりでした。

総評

この方法のいいところは裁断機自体にキズをつけなくてもいいことですね。
これにより、裁断にかかる時間もかなり短縮され、大変満足しています。
皆さんも良かったらお試しください。
スポンサーサイト

テーマ:電子書籍 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/01/17(火) 22:39:24|
  2. 自炊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

画像の最適化の重要性

画像の最適化の重要性 -iPod touchやSonyReaderで快適に読むために「ChainLP」の紹介-



自分専用のコンテンツ作成「自炊」

iPod touchやSonyReader「PRS-T1」を使って、PDFファイル閲覧をするレポートを書いてきましたが、当たり前の話として、閲覧する対象のPDFファイルが必要となります。
このPDFファイルは、自分の所有する本を裁断し、ドキュメントスキャナと呼ばれる機械で読み取り、その画像を元に作成します。この作業を巷では「自炊」と言われています。
この
1、裁断
2、スキャン
3、PDFファイル変換
という3つの大きな作業があるわけですが、最近のドキュメントスキャナには殆どPDFファイルを自動で作成してくれる機能がついています。つまるところ、2と3の作業は同時に出来てしまうということなのです。
「やったー、楽チンじゃん」
と喜ぶ人もいるでしょうが、実はここに落とし穴があります。

スキャン画像のPDF変換で忘れてはいけないこと

スキャナには読み取り解像度(dpi)という指定があり、この数値が大きいほど精細な画像が取り込めます。ただし、dpiで指定できる数値はいくつかの選択肢に限られており、その結果、生成される画像ファイルのピクセル(画素)数も決まってきます。因みに私が新書を600dpiでスキャンしたところ「横1240ピクセル・縦2050ピクセル」というサイズの画像になりました。

ここからPDFを自動で作成すると、そのままの画素数で作られます。この場合「画像が鮮明なのでまぁいいじゃない」という意見もあるのですが、実は欠点が二つほどあります。

1、ファイルサイズ
 私が持っているデバイスのうち、画素数の多いほうはiPod touchでその数値は「横640縦960」ピクセルです。つまりこんなに鮮明な画像のファイルであっても、実際に閲覧する時にはその半分の精度ですら表現できないのです。そのために4倍以上のファイルサイズと言うのは完全に無駄でしょう。SonyReader「PRS-T1」であればなおさらです。

2、ファイルの余白と文字のにじみ
 まずは余白です。SonyReader「PRS-T1」などは大きいと言っても、やっぱり実際の書籍と比べると、小さく表示されます。iPod touchなどはさらに小さい。この小さい画面にわざわざ「余白」など表示するのはもったいないです。また、画素数の問題があります。表示する端末の表示可能画素数と元画像の画素数が微妙に違ったりすると、端末が表示する色があいまいになり、文字のにじみにつながります。

トリミングとサイズのフィッティング

 これらの問題を解決するために画像を加工します。電子書籍の端末にはもともと「ベゼル」という表示できない「空間」が存在するので、元画像の「余白」をちょん切ります。これが「トリミング」といいます。さらに、それぞれの端末の表示画素数に応じて画像のサイズを合わせます(要は元の精細な大きい画像を縮小していって、端末で文字全体が表示できる最大の画素数にあわせる)、これがフィッティング。

この作業をするかしないかで、使い勝手は大きく変わります。
まず、iPod touchの「Bookman」で表示したときは、画面サイズより小さい画素数で作成すると、画面全体で表示してくれません。読みやすくするためには拡大する必要があります。それだけ操作に手間がかかります。
SonyReader「PRS-T1」で少し大きめの画像を表示しますと、勝手にサイズを縮小表示しようとして、まずは1枚表示するのに時間がかかります。その上、ドット毎の表示に迷いがあるため、にじみも発生し読みにくくなります。

で、結論としてどうすればいいのさ?

いろいろと方法はあるとは思いますが、私が利用している方法は「ChainLP」というフリーソフトを利用する方法です。
このソフト、大変よく出来ています。上記の「トリミングとサイズのフィッティング」を、殆ど画像処理の知識の無いままにやってくれます。(ただ、結構設定できる部分が多いので、見た瞬間引いてしまう人もいるかもしれません)
一番単純な使用方法は
1、「連番ファイルを読み込む」でスキャンした画像ファイルを保存しているフォルダを指定する
2、「解像度」メニューから端末に応じたものを選択(私の場合は[W640 H960]iPhoneか[W584 H754]Sony Readerを選択)
3、右にあるオプション設定の「ページ補正」で「小説優先」か「コミック優先」を元の素材にあわせて選びます。
4、「出力」ボタンを押すと保存ファイル名を聞いてきますので、それを指定したら処理が開始されます。
PCの性能にもよりますが数分もあればお好みのPDFファイルが出来上がります。
もし、お手持ちの端末(iPhone)などがあれば、何かの画像を変換してみてその効果をお試しあれ。
このソフト、カンパウェアにでもならないですかね。いい仕事をする人にはいくらかでも対価を支払いたいものです。

では今回はこのあたりで。

テーマ:電子書籍 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/12/27(火) 00:20:56|
  2. 自炊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「自炊」是か非か

「自炊」是か非か

大変重苦しい表題になってしまいましたが、今回は珍しくまじめな話です。

一昨日、ポータルサイトのニュース欄で【一部のスキャン代行業者を有名著者らが提訴】という見出しが踊りました。「自炊」の是非を問うという内容でいっぱい出ています。

スキャン代行業者提訴で作家7名はかく語りき(Yahooニュースの記事)

「電子本「自炊」差し止めで提訴」(@niftyニュース) =デッドリンクのためリンク削除=

書籍の所有者に代わって、書籍の裁断を行い、電子書籍や画像データにして納品するという代行業務は「違法か適法か?」という議論は今までも多く出てきていました。
この司法的な手続きに関しては、私は口を挟むつもりはありません。確かに代行業者にさせる部分において、著作権者の権利を害する可能性は否定できないからです。(私の司法的判断などまったく中てになりませんが)

私の個人的な意見

かく言う私も、自ら「自炊」をする一人です(頭の悪い文章ですね)。
「だったら、是も非もないだろう!」
と、思われるかもしれません。ですが、敢えて私は「非」と答えます。「邪道」とすら言えます。
これは、現在私たちが行っている行為が、違法的なものであるとか、著作権者の権利を害するものだと考えているわけではありません。この行為をエンドユーザーである私たちがしていること自体が、おかしいと思うのです。

太平洋を渡った向こうでは、すでにデジタルデータによる出版物の流通が紙媒体を凌駕しており、それを閲覧するための端末は誕生日やクリスマスのプレゼントとして最も人気のある商品ジャンルです。

打って変わってわが国の状況はどうでしょうか?
やれ縦書きやルビ・挿絵を含んだ書籍フォーマットが画一化できていないからすぐには難しいだの、ユーザーはそこまで求めていないだのと・・・。決め事は決めようとしないと決まらないものです。ユーザーも求めています。そんな事言って駄々をこねているから、タブレット市場も全部国外に持っていかれるのです。こういった状況が、スキャン代行業者に付け入る隙を与えたのではないでしょうか?

自炊のためには、結構な投資が要ります。定番と呼ばれる裁断機とスキャナを購入すると、私も約7万の出費となりました。
この上、裁断とスキャンをする手間と時間、画像の確認、自分の持っている端末に合わせて最適化をしてライブラリへ追加する。
裁断した本は虫が来ない様に丁寧にラップで包装し、段ボールへまとめて保管。
どの本がどれに入っているかという記録をとっておくことも忘れずにする。
こんな大変な苦労は、出来ればやりたくなんかありません。その作業を、同一の書籍に対して多くの個人がやっているのです。
これは無駄以外の何物でもありません。故に「自炊」は「邪道」であると思うのです。

お金を払って本を購入することは、結構大変な「賭け」だと思います。確かにある程度立ち読みをして確認したり、口コミを参考にしたり、もともと好きな作家さんだったりして買うわけですが、それでも読んだあとに落胆したことや、そもそも最後まで読めなかったことすら稀ではありません。しかし敢えてその「賭け」に出るのは、涙が出るほどの感動を与えてもらったり、自分の人生を変えてくれるような、そんな作品にまためぐり会いたいからです。

そうして気に入った本を切り刻んで加工することに、私も大変躊躇しました(中には読みすぎて既にバラバラになった本もありましたけど)。
しかしながら、日本の電子出版状況は一向に改善される様子はなし。やっとのことで立ち上がった書籍ストアも、せいぜいが数万冊程度の品揃えです。下手をすると紙書籍が発売してから、一月以上経たないと電子版が出ないようなところまである始末です。

私も決断するしかありませんでした。家の中が本で溢れていましたから。
際限なく増える本のために本棚を増設するスペースも、経済的余裕もありません。
あくまで個人で対価を払って購入した作品を、形を変えて保存するのです。もちろん、心ならずも加工してしまった原本を売り払うことなどはしません。もっと手軽により読みやすく、そして何より末永く楽しみたいだけです。

出版の業界に対する要望

私はデジタル製品が好きですし、電子書籍が大変便利だとは思いますが、やはり紙の本も大好きです。
ただ、どうしても納得できないのは、紙の本を持っている(作品を読む権利を買った)のに、デジタルデータという別形態をとるだけでほとんど同額の金額を要求されることです。アニメ化と同じ別メディアだという主張は腑に落ちません。確かに媒体は違いますが、中身は変わっていないのですから。
出来ることなら、紙媒体の書籍を購入した人に対しては電子データを安価に提供していただきたい。無論、そうするためにはいろいろな仕組みが必要にはなってくると思います。
(そのためのスキームはうっすらと浮んではいるのですが、戯言の範囲ですので次の機会に)

日本のユーザーはコレクション癖を持っています。他国と比べてその傾向はかなり強いのではないでしょうか?ゲームをしても、その傾向がありますよね。モバイルのゲームでも、アイテムをコレクションする形態のものが多く見られます。
自分の愛する本は出来るだけ新品に近い状態で保存しておきたい。出来れば初版がいい。そのために2冊買う人までおられます。
私も自炊をする上で、どうしても裁断することが出来ない本があります。そのため、もう1セット電子化のために古本でも購入すべきか悩んでいます。

もし、新刊を購入するときにいくらかのオプションを支払うことで、デジタルデータも買えたらどうでしょう。新刊ビニールパッケージの封を切らずに愛蔵版に出来るんじゃないでしょうか?喜ぶ人も多くいると思います。
また、前金支払い予約に関しては、実本の到着を待たず、出版社の発売日にデジタルデータを受け取れるサービスがあればより良いです。新刊が遅れて届く地域でも、落ち着いて地元の書店で買えます。

電子書籍ビジネスにより日本の企業は、次のAmazonやAppleになろうと躍起になっているようにしか見えません。ユーザー不在の泥仕合は、まるでどこかの国の政治を見ているようです。
営利企業である以上、利潤を追い求めることは仕方の無いことではありますが、「道」を失えば書籍は「文化」ではなくなっている気がします。

「天道是か非か」
本を生み出す人、送り届ける人、そしてそれを享受する人、皆が正道を進みそれが報われるような社会であって欲しいと思います。

蛇足

大変偉そうな物言いをしてしまい、恥ずかしい限りです。
今後も私は「自炊」を推奨はいたしません。ただし、私のように決断されて自らの意思で「正しく」行うという方の為に、僅かな経験談を今後もご紹介しようとは思います。

テーマ:電子書籍 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/12/22(木) 01:52:07|
  2. 自炊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

電子書籍ブログランキング


電子書籍 ブログランキングへ

よろしければ上のバナーをクリックして応援しやってください。m(_ _)m

プロフィール

hirotiet

Author:hirotiet
金は無いけど本とデジ物が大好きな人間のブログです。
数は少ないですが人柱もしていますので、ご参考になれば。

最新記事

カテゴリ

未分類 (6)
iPod touch (4)
Reader PRS-T1 (6)
自炊 (3)
電子書籍四方山 (6)
アプリ (6)
ガジェット (0)
kobo (1)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

ご質問や依頼事項がありましたどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

「こんなことやってみて」や「このやりかたをくわしく」などを募集

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる